介護脱毛とは?介護士から見て介護脱毛は必要?

みなさんは、「介護脱毛」というものが、流行っていることをご存知ですか?

「知ってる!」という方も、「なにそれ?聞いたことないけど」という方もどちらもいらっしゃると思います。

筆者はここ数カ月、ちょくちょく『介護脱毛』という言葉を耳にします。

以前テレビのバラエティー番組で、女性芸人さんが、「介護脱毛始めたんです!」とお話しされていたのも見かけました。

どうやら介護脱毛とは、くわしく言うと「将来もしかしたら介護される立場になるかもしれないことを見据えて、介護者の負担を減らすべく、マナーとして今からアンダーヘアを綺麗にしておこうかな脱毛」のことのようです。

なるほど。

脱毛……筆者が20代の頃にも普通にありましたし、脱毛サロンに通った経験もあるのですが、今ほどはメジャーではありませんでした。

なので、そこまで「脱毛・絶対!」という感覚ではないのですが……。
(手足だったら多少のムダ毛はご愛敬かな、くらいの感覚です。私だけかな汗)

今は、マナーとして身だしなみとして、もっと言えばファッションとして、脱毛に通うことが当たり前な時代になってきていますよね。

筆者も配偶者である夫に「もう脱毛行かないの?」と聞かれたことがあります(失礼な)。

今回は、主に40代・50代以上の方に、にわかに流行っている『介護脱毛』をするメリットや、10年の介護士経験のある筆者が介護士として実際に、『介護脱毛は必要なのか?』本音をお話ししていきたいと思います。

『介護脱毛』とは

『介護脱毛』とは、冒頭でもお話ししたとおり、主に中年以上の女性が、将来自分が介護される立場になることを見据えて、「ムダ毛でおむつ交換などの際に介護者に負担・不快な思いをさせないため」、「見られる立場として綺麗にしておきたい」などの理由から、マナーとして若いうちにアンダーヘア(V・I・O)の脱毛をしておくというものです。

どうやら『介護』を見据えて「介護脱毛」を始める40代・50代の女性が増えてきているようです。

『介護脱毛』のメリットは?

では、実際『介護脱毛』をしておくとどんな、メリットがあるのでしょう?

以下のようなことが考えられます。

1.アンダーヘアに排せつ物が付着することを防ぐ以下3つのメリット
・感染・炎症などを防ぐ。
・清潔を保つことができる。
・臭い軽減
2.介護者の負担を軽減する以下2つのメリット
・アンダーヘアがないことで、排泄物をふき取りやすくなる
・臭い・見た目

この他にも、見られる側になった時に、恥ずかしくないように…という目的もありそうですね。

介護士目線で、介護脱毛は必要だと思う?

『介護脱毛』の目的として、「介護者の負担を減らす」というものがありましたが、実際介護者はアンダーヘアがあったら困るんでしょうか。

そして、アンダーヘアがなかったらおむつ交換や洗浄が楽になるんでしょうか。

介護士経験10年の筆者がお答えします。

ずばり、「気になりません!必要なし!

あ、怒られそうですね。あくまで介護士に遠慮しているのであればという話で、脱毛自体は賛成派ですよ。

もちろん筆者が介助をした方々は、若くても60代から100歳を超えている方々です。

脱毛していた人なんておそらく1人もいらっしゃいませんでした。

ですが正直『介護脱毛』という言葉を聞くまで、介助中のアンダーヘアについて意識したこともなければ、アンダーヘアあったけ?と思うほどに記憶に残っていません。

つまり、介助になんの支障もありませんでした。

アンダーヘアがあるからといって、介護士がふき残しをしてしまって不潔に…とか洗浄や拭き取りに時間がかかって手間だ……なんていう話も聞いたことがありません。

でも脱毛自体にはやっぱりメリットが!

介護者には、アンダーヘアがあろうがなかろうが、介助的にも視覚的にもなんの問題もなければ気にもなりません。

とはいえ高齢になって介助は必要ないけれど、身体が思うように動かせず自分自身でトイレをするときに拭き残しがある。尿漏れパットなどをするようになったりすると、アンダーヘアにより蒸れて清潔が保てなくなる

というようなことは、考えられます。

そんなときのために、今から「脱毛」を始めてみると、自分自身の負担を減らせそうですよね。

まとめ

介護士として、『介護脱毛』について、どう思っているのか、お話ししました。

個人的には、将来を見据えた脱毛は、「介護を受けるとき」よりも「年を重ねて今よりも体が不自由になったとき」に脱毛が役立つのではないかなと、思っています。

脱毛は、「見た目」「清潔」「臭い」などさまざまな面でメリットがありますよね。

この年齢で脱毛サロンに行きにくい……と思っている方、今は『介護脱毛』が流行っているくらいですから、シニアから脱毛を始める方も多いみたいですよ。

性別年齢問わず幅広い世代が脱毛サロンを利用されているみたいなので、気になっている方はぜひ、脱毛デビューしてみてもいいかもしれませんね♪

【KISS MY LIFE ケアブランド】

”これまでにないお洒落なケア・介護ブランド” 

 https://www.kissmylife.jp/

♡がんケア用品・介護用品・素敵なシニアへのギフトなど約300アイテムをオリジナルデザインでご用意

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。