お電話は
こちらから

ABOUT -私たちについて-

さぁ!私らしさを纏おう!

「KISS MY LIFE」BRAND concept

「KISS MY LIFE」のブランド名には、
人生のどんな時も、私らしく。
そんな想いが込められています。

いい日もあれば、うまくいかない日もあるけれど
どんな1日も、かけがえのない愛おしい1日。

患者さんになっても、年を重ねても、
イロドリ豊かな毎日を。

everyday beautiful
everyday kiss my life

だって一度きりの人生だから!

ブランドディレクターからの
Message

あなたらしさを
諦めない社会へ

RYOKO SHIOZAKI

落ち込むばかりの闘病生活の中で

今から、7年前、私はある日突然、「若年性のがん」を宣告されました。昨日まで、仕事に恋愛に、キラキラと東京の街を謳歌していたのに、仕事を失い、辛い治療が続く中で、すっかり「私らしさ」を失っていきました。

そんな時、手にしたケア用品を身に着け、ふと鏡をみると、いかにも病人らしい姿の私がいました。そして、その姿は、20年前に、同じ病気で、更に認知症だったおばあちゃんの姿とそっくりでした。当時、そんなおばあちゃんの姿を見るのは、とっても切なかったことを思いだしました。

私は、鏡に映った闘病中の自分の姿を見ながら
「こんな病人らしい姿の私、誰にも見せたくないな・悲しませたくないな・・」
「なんで、ケア用品って一律に同じデザインなのかな・・」
「もっと素敵なケア用品があったらいいのに・・」
ますます気分は落ち込むばかりでした。

がん患者さんのファッションショーが、私を取り戻すきっかけに

そんな落ち込む日々の私に、ある時、主治医の先生から診察室で「りょうこちゃん、せっかくアパレル会社をやってきたのだから、がん患者さんの為のファッションショーをやってみない?」と声をかけられました。

そのファッションショーをやることが私の転機になったのです。

ファッションショーは、私が自分のショップで取り扱っていたヴェルサーチやグッチなどのドレスを提供し、スタイリングをして、メディアを招待して病院のホールで大々的に開催しました。ランウェイを歩くのは、入院中の患者さんと、その主治医の先生たち。病院を脱ぎドレスを着た、患者さん達が、ファッションを通じて、だんだん「私らしさ」を取り戻し、胸をはって歩く姿を目のあたりして、私は胸がいっぱいになりました。患者さんやその家族の方から、沢山の「ありがとう」を言われたことで、私もひととき、がん患者であることを忘れ「私らしさ」を取り戻してきました。

「もしかすると、私のアパレルでの経験と辛い治療の経験が、誰かの役に立つかもしれない。」もう一度、起業して、素敵なケアブランドを作ろうと決意しました。

「私らしいSTORY」を紡ぐトキメクようなケア用品を

病気になったり、年を重ねると、身体が思うように動かなくなってしまうかもしれません。でも、桜が咲けば美しいと感じるし、誰かと手を繋げは温かさは感じるし、どんな時も、心は動いていますよね。だから、私たちの製品を手にした時、 心ががちょっと心がときめいたり、年を重ねることを素敵に思えたり、纏うと少し気が晴れたりそんな気分になってもらいたい!
そんな想いを、製品ひとうひとつのデザインに落とし込んでいます。

計算しつくされた機能や、美しいデザイン、そして選べる自由!
これまでにない、ファッションとして纏って頂けるケアや介護用品を。

「KISS MY LIFE」を通じて、かけがえのない、たった一度の人生の「私らしいSTORY」を紡ぐお手伝いをしたいと思っています。

そして、皆さんと一緒にファッションを通じで、人生の喜びや楽しさを共有できたら、本当に素敵だなって思っています!

KISS MY LIFEのものつくり
“CREATIVE×CAREで新しいケア用品を”

KISS MY LIFEの商品は、徹底した着やすさ、肌に優しい生地長時間、身に着けても楽ちんなスタイルにこだわっています。

ものつくりは、大手繊維商社さんとタッグを組み、厳しい生地試験を繰り返し、安全性の認証(SGマーク)をしっかりとり、安心してお使いいただる製品です。

現在、様々な国で生産をしていますが、工場のひとりひとりに私達の商品やブランドの理念を伝え、一丸となり、皆さんに喜んでいただける製品を作っています。

また、商品企画は、年間3000通以上いただく、お客様からの声や病院やデパートでの販売を通じで、「こんなの作ってほしい!」を実現しています。

KISS MY LIFEのdesignコンセプト

“French×trend×vintage”

KISS MY LIFEの商品は、上質で高級感のあるデザインの中にも60年代の映画の中から、オードリヘップバーンが飛び出してきたような華やかで、ちょっぴりノスタルジーな世界観を表現しています。

デザインチームは、数々のアパレルブランドで活躍してきたメンバーで結成され、オリジナルのテキスタイルにこだわり、ケアや介護用品であっても、トレンド感や季節感も、とっても大切にしています。

今シーズンからは、ベーシックでシックなカラーを使い、より日常に溶けて混んでいただける製品や詩人「金子みすゞ」さんとのコラボ製品や、様々なブランドとのコラボを行い多くのかたにトキメクようなデザインを届けしたいと思っています。是非、これからのKISS MY LIFEに期待していただけたら嬉しいです。

Profile

RYOKO SHIOZAKI

千葉県生まれ。アパレルショップの海外バイヤーを経て、06年アパレル会社を25歳の時に起業。セレクトショップ、ドレスレンタルショップ等を経営。14年1月若年性乳がんを発症。闘病に専念のため、会社を閉める。主治医の提案で、がん患者の為のサイバーズFASHION SHOWを企画、運営。多くのメディアに取り上げられる。16年、ソーシャルビジネスコンテストでグランプリと共感大賞をW受賞し、TOKIMEKU JAPAN設立。18年、ケア・介護用品ブランド『KISS MY LIFE』を立ち上げる。同年7月より病院内店舗事業を開始。「AERA」注目の社会起業家54名に選出される。

公式ブログ「死をポケットに入れて」


BLOG

KISS MY LIFEディレクター
RYOKO SHIOZAKI 公式ブログ
by Ameba

闘病中のことや、日々のファッションやお仕事のことを綴っております。
皆さんとほんの少しのお時間を楽しく温かく共有できたら、嬉しいです!
是非ブログのフォローもお願いします。